ウッドデッキを通販で購入しよう

トップ > ウッドデッキの通販について > ウッドデッキを通販で購入する際は素材の特徴をチェックしよう

ウッドデッキを通販で購入する際は素材の特徴をチェックしよう

洋風タイプの一戸建ての庭に設置するアイテムとして、ウッドデッキが人気を集めています。ウッドデッキ自体は木材で作られた甲板いなるので、庭にあるだけで様々な風合いを作りだすことができますよね。そのため購入する場合は素材などにもこだわって、実際に設置した時にどのようなるのかイメージしながら選ぶことが重要になります。購入方法としてはホームセンターなどで注文する場合もありますが、最近では手軽に購入できることから通販サイトの利用が増えてきていますよ。通販サイトであれば様々な種類やデザインから選べるので、より自分のイメージに近いタイプを購入することができます。では実際に通販で販売されている木材の素材として、代表的なのが天然木と人工木材の2つがあります。この2つの素材はそれぞれ特徴やメンテナンス方法に違いがあります。

まずデッキの素材として利用できる天然木ですが、種類としてはウェスタンレッドシダーやセランガンバツなどがありますよ。特徴としては耐久性に優れており、強度も十分ある素材になります。また腐りにくいという特徴もあり、雨や風にさらされ事が多いデッキ素材としては最適ですよね。また耐水性優れている点や軽量という特徴もあるので、デッキを自分で作成する場合には加工しやすいのです。また天然木ならでわの木目の美しさがあるので、人気のある素材ですね。またより長く愛用するために、あえて耐久性をたかめるための防腐剤を使用する方法なども効果的ですね。メンテナンス方法としては、日頃からこまめに砂ほこりや土などは丁寧に履き掃除をしておきます。雨などが乾燥せず濡れた状態であれば、乾いたタオルで拭き水分を拭きとるのも大切です。汚れや水分を長い間放置しておくと、木材を腐らせたりカビが生える原因になり木材自体の寿命を縮める原因になるので注意です。

通販で購入できる種類として人工木材があり、樹脂と木粉を混合させて作られた木材になります。人工木材自体を作っている会社は数多くあるので、作成しているメーカーによっても素材自体に違いがありますよ。また同じ人工木材であっても、使用しているサイトや製作している企業によって呼び方が合成木材や樹脂木など違う場合があります。天然木と違って人工で作られているので、木目などの質感などの種類が豊富で、カラーバリエーションなども色々あるのが特徴ですよ。また耐水性などが高く腐りにくいので、長く使い続ける事ができます。またシロアリなどにも強いので耐久年数が基本的に長い種類が多いです。メンテナンスとしては、砂ほこりや土汚れなどは、水でゴシゴシとブラシで洗っても問題はありません。天然木には使用することが出来ない洗剤や漂白剤なども使用できるので、頑固な汚れを落とす際には使用出来て便利ですね。またヒビやササクレなどができる心配もないので、長く利用することができる素材です。

▲ ページトップへ